特徴的ながんの広がり|自律神経失調症は普段の生活の中で起きる病気なのです
ドクター

自律神経失調症は普段の生活の中で起きる病気なのです

特徴的ながんの広がり

ドクター

前立腺がんは、高齢の男性になるほど増加してくる病気です。膀胱のすぐ下にある前立腺にがんができてしまい、それがその中に留まっているがんか、転移しているがんかにわかれます。前立腺がんは周りが臓器に囲まれていることから、転移しやすい特徴を持つのです。この前立腺がんが発見されたときは治療が行われますが、転移の場合はがんを摘出するのではなく、進行を抑えていくことが目的になります。転移での治療は難しくなってしまうので、がんが大きくならないように、そして他に転移しないためにも抗がん剤や放射線治療で行われます。前立腺がんは泌尿器科で診てもらうのが一般的で、排尿に異常が見られるときに疑いがあります。初期症状はほとんどなく、頻尿や残尿感がある場合には進行していることも多いので早めに治療を受けていくことです。

前立腺がんが転移してしまうところは、膀胱や直腸、そして骨やリンパ節などがあります。膀胱や直腸はすぐ近くにあることから転移もしやすく、その場合は膀胱がんなどではなく前立腺がんとして扱われます。このようなことが起きる理由は、血液やリンパ液によってがんが運ばれてしまうので、それで増殖しやすくなるからです。一番前立腺がんの転移で多いのが、骨です。骨は背骨や骨盤などがそれに当たり、検査でも骨を中心に画像の診断で行われます。もし転移していれば、痛みが生じたり骨折しやすくなることもあるので、その症状を抑えていく治療が行われます。骨の次に多いのがリンパ節で、これもCT検査で入念に検査されます。この場合はホルモン療法で対応されるので、これも同じように進行を抑えていくことになります。このような特徴からそれに合わせた治療が行われ、症状を抑えていくための治療となるので、長く続けていかなければいけません。男性は前立腺がんのことをよく把握し、転移しやすい特徴があることも知っておくのが賢明です。