ビジネス系ユーチューバーの動画の撮影機材をカメラマンが分析した

ビジネス系ユーチューバーの動画の撮影機材をカメラマンが分析した カメラ


どうも、YouTubeもやってるカメラマンです。


昨年あたりから学べたりするビジネス系ユーチューバーさんのチャンネルが伸びてます。

カメラ系チャンネルを運営してる僕からすればうらやましい。

そんにビジネス系ユーチューバーさん


  • どんな撮影機材を使ってるか?
  • 撮影方法は?
  • 動画の編集レベルは?


この辺りを動画見てわかる範囲で分析して解説して思います。

ビジネス系ユーチューバーの動画の撮影機材をカメラマンが分析した

ビジネス系ユーチューバーの動画の撮影機材をカメラマンが分析した


人気の女子ユーチューバーさん等に比べて、ビジネス系ユーチューバーさんは

人気が出ましたが撮影にはあまりこだわってない気がします。

女性ユーチューバーは編集まで自分でって方も結構いるのですが

ビジネス系ユーチューバーさんは下手したらNO編集の方も。

ビジネス系ユーチューバーの動画の撮影機材をカメラマンが分析した


下記に何人かのビジネス系ユーチューバーの撮影を分析

メンタリストDaiGoさん


ビジネス系ユーチューバーさんで一番人気なのは、メンタリストDaiGoさん。

しかし撮影はミラーレス一眼カメラを使わず、スマートフォンの広角レンズで解像度は1080P。

撮影場所は自分事務所? 三方を本棚に囲まれた部屋。

一発撮りスタイルで編集のテロップや説明なども全くなし。

ものすごく早口なのでテロップ入れても読み切れませんが。

ここまで何もしないで人気があるビジネス系ユーチューバーはなかなかいないかと。

中田敦彦のYouTube大学

中田敦彦のYouTube大学


つづいては昨年一番伸びたYouTubeチャンネル、オリエンタルラジオ中田敦彦さんのチャンネル

登録者が100万人まであっという間に達成。現在は非表示なので何人いるのか分かりません。

撮影機材ですが初期は、予算も無かったのかスマートフォンの自撮りスタイル。

業務用ビデオカメラの気がしますが、

もしかしてマイクロフォーサーズのミラーレス一眼カメラ?? 

やはり業務用ビデオカメラだと。 画質は1080P。

撮ってるところは屋外の人がいるようなスペース。

今は予算があるので自分のサロンで人を入れて撮ってます。

テレビのような編集スタイルで時間がかかってると思いますね。

コレで全部テロップ入れてたら大変ですが話が上手いのでテロップ無しでも聞けます。

もふもふ不動産

このチャンネルもかなり伸びたんじゃないでしょうか。

ただ何時もライティングをどうにかすればもっと人相よく写るのにと思います。

きっと自宅のリビング? あたりで撮ってるます。

カメラはミラーレス一眼カメラではないですね。

スマートフォン?かビデオカメラ?

解像度はフルHDではなくて720P画質。

撮影スタイルが普段見てると思われるテレビに、PCのパワーポイントを表示して説明するスタイル。

このテレビに表示したパワーポイントが説明のキモになってるます。

リビングの電球とスタンドライト? などが混じってるのでカメラマンの僕なら発狂するレベルの環境。

コチラにYouTube運営の話も書きましたので

合わせて読むとYouTubeの理解が深まると思います。

三組のビジネス系ユーチューバー


特徴的な撮影のビジネス系ユーチューバー三組をとりあげて説明、解説してみました。

DaiGoさんや中田敦彦さんはユーチューバーって言っていいのかどうかですが。

コチラには今伸びてる “ビジネス系YouTuber” さんの事が詳しくのってます。


なかでも中田敦彦さんのチャンネルは、テレビ並みの編集で手間かかってますね。

話が上手いのでカット編集が少ないところが救いですが編集者さんは大変だと思います。

YouTubeはそこまで映像こだわらなくても派なんでが

もふもふ不動産さんだけはライティングをどうにかって勝手に思ってしまいます。

そんな感じで今回はビジネス系ユーチューバーさんの撮影機材などを

カメラマンが分析した内容を書きました。

また次の記事であいましょう。


コメント