ミラーレス一眼カメラのソニーが初めてオリンピックに参入

ミラーレス一眼カメラのソニーが初めてオリンピックに参入 カメラ


こんにちは、カメラマンです。


今年は東京オリンピック2020が開かれる年ですね。

そのオリンピックを記録するカメラ


  • ソニーのカメラが今回のオリンピックで初?
  • キャノン、ニコン、ソニーのカメラ
  • 一眼レフとミラーレス一眼カメラの対決


こんな内容にきょうみがある方は興味を持って読んでいただけると思います。


ミラーレス一眼カメラのソニーが初めてオリンピックに参入


オリンピックのフラッシュは、キャノンとニコンのカメラしか無かったのですが

東京オリンピック2020で初めてソニーが参入する可能性があります。


カメラメーカーの宣伝効果も高いオリンピックでのカメラ。

ソニーも虎視眈々とα9IIを発売して狙ってると思われます。


オリンピックの象徴的な写真はどこのカメラメーカーか?


オリンピック撮影などで必要なカメラは解像度などよりも、スピードと信頼性だと思います。

そのカテゴリーは各社フラッグシップ機のカメラ。


キャノンがEOS 1DX MarkII, ソニーがα9II, ニコンはD5があてはまります。

その中でキャノン、ニコンが一眼レフかめら。唯一ソニーだけがミラーレス一眼カメラ。


ソニーα9II


ソニーのα9IIは2019年11月に発売。

時期的に考えてもα9からブラッシュアップして、確実に東京オリンピックを想定していたと思います。


もし今回どこかシーンでカメラマンに使われる事になったら、ソニーのカメラとしては初。

そしてミラーレス一眼カメラとしても初じゃないのでしょうか?


ソニーは追尾AFが他社よりも優れていると思います。それが活きるところも色々あるので。

レンズも昨年夏にFE 600mm F4 GM OSSという、オリンピックで使いそうなスペックの望遠を発売しました。


キャノン、ニコン、ソニーのカメラがこの夏


この夏オリンピックの競技とともに、ソニーがキャノンやニコンの間に食い込むかを

楽しみに見たいと思います。


もうデジタルカメラの世界では2強じゃなくて3強と呼ばれてます。

そんな感じで今回は東京オリンピック2020イヤーにちなんで

「ミラーレス一眼カメラのソニーが初めてオリンピックに参入」

と題して書いてみました。


ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント