ナース

自律神経失調症は普段の生活の中で起きる病気なのです

進行の遅いがんと付き合う

ナース

前立腺がんは男性特有の臓器に発生するがんです。高齢者ほど発症率が高くなりますが、進行速度が極めて遅いため特に治療を必要としないケースもあります。前立腺がんは転移しているかどうかで治療法が大きく異なります。

もっと読む

特徴的ながんの広がり

ドクター

前立腺がんは加齢によって増えてい病気です。こういった病気は早期の発見をして、早期改善を行う必要があります。もし、そのまま放置していると別の場所に転移してしまうケースもあるので、気をつけていきましょう。

もっと読む

セルフチェック

カウンセリング

現在の日本では、1320万人以上が糖尿病の疑いの可能性があり、その人数は、年々増加している傾向にあります。増加の原因は高齢化や食生活の変化、ストレスや運動不足の方の増加など様々な要素があります。

もっと読む

誰でも成り得る病気

メディカル

自律神経失調症は、誰もがなる可能性のある病気です。その原因が、多くの人にありがちな不規則な生活や、大きなストレスを抱える毎日の中に潜んでいるからです。自律神経には交感神経と副交感神経の二つの神経があります。その二つがバランス良く働いている間は問題ないのですが、何かがきっかけでバランスを崩した時に起こるのが自律神経失調症です。交感神経、あるいは副交感神経が働き過ぎることで自律神経失調症になりやすくなります。自律神経失調症の症状には、糖尿病との共通点があります。慢性的な疲労感や喉の渇き、そしてじんじんと手足がしびれる症状は、糖尿病と自律神経失調症どちらにも現れるものです。そのため、自己判断で病気を見極めることはやめ、医療機関で医師からの診察を受けるようにしましょう。

自律神経失調症を防ぐためにはまず、生活リズムを振り返りましょう。夜何時に寝て朝何時に起きているか、朝ご飯も毎日しっかりと食べているかをチェックしましょう。簡単な事ですがとても重要です。どんなに不規則な生活をしていても朝ご飯を抜かないように心がけましょう。一日三食、栄養バランスを考えて体に良い物を食べているでしょうか。果物なども忘れていませんか。面倒くさがらずに主食、主菜、副菜を頭に入れて食事を取りましょう。自律神経失調症の原因で、忘れてはならないのがストレスです。誰もが大きなストレスを抱えている時代です。あまりストレスばかり抱えると多くの病気を招き、あまり良いことはありません。ストレスが不眠等を招くこともよくあることです。できるだけ自分に合ったストレスを緩和する方法を知っておく必要があるでしょう。